攻め美白【b.glen(ビーグレン)】ホワイトケアセット「ハイドロキノン美白」

ビタミンCとハイドロキノン

美白ケアしたい人や、シミが気になる場合、日頃のスキンケアで美白成分を取り入れることが非常に重要です。

日本のカウンセリング化粧品に配合されている、美白成分はこちら↓

・カモミラET(ソフィーナ)

・コウジ酸(KOSE)

・4MSK(資生堂) 

・アルブチン

上記成分には美白効果はありますが、どれも基本的に予防美白成分です。

医薬部外品であっても簡単にシミを消す効果は無いも同然でしょう。

 

予防は絶対に必要なので、HAKUなりメラノショットなり、使い続けるのは良いと思いますが、それらで簡単にシミが消える!と考えないのが望ましいです。

稀に何かが重なり、それらでシミが消える場合もあるかもしれませんが、

ドラストコスメで簡単にシミが消せるなら、レーザー治療も普及しなかっただろうし、シミで悩む人がこんなにいません!

キャッチコピーや、営業トークに惑わされないで下さい!

 

しかし、ビタミンCや、あのマイケルジャクソンが使用したハイドロキノンには、シミ予防だけではなく、メラニンの還元作用が確認されており、上手く使えばシミを薄くしたり消すことも可能なのです。

 

・ビタミンCには沢山の種類があるので、選び方・使い方は重要です。

 

 

・ハイドロキノンは、病院でも処方されるだけあり美白効果は高いですが、副作用が起きる場合もあるので注意が必要です。

 

 

 

過去に色々試してきましたが、ビタミンC&ハイドロキノンコスメと言えば「やっぱりコレでしょ!」と思う化粧品があります!

スポンサー

 

 

b.glen(ビーグレン) ホワイトケアセット

アメリカのケラー教授が開発した【b.glen(ビーグレン)】

 

 

肌悩み別に豊富にライン展開している為、巷ではサイエンスコスメなんて言われています♪


 

 

この中で、美白に特化したセットが

『ホワイトケアセット』

1,100円

 

 

成分解析とともに、1点ずつ紹介します

 

dクレイウォッシュ

よくある洗顔フォームではなく洗顔クリームです。

成分:水, モンモリロナイト, イソノナン酸エチルヘキシル, ソルビトール, BG, ココイルグルタミン酸Na, ペンチレングリコール, ココイルグルタミン酸TEA, 尿素, スクワラン, ヒアルロン酸Na, グリチルリチン酸2K, アロエベラ葉エキス, カミツレ花エキス, クズ根エキス, クロレラエキス, カプリロイルグリシン, エチルヘキシルグリセリン, クオタニウム-73, EDTA-2Na, フェノキシエタノール

泡立てずに使用します。

配合されているクレイ成分モンモリロナイトは、皮脂吸着パワーがあるので洗い上がりがスッキリ!

グリチルリチン酸2Kも配合され、肌荒れ・ニキビにも嬉しい処方です。

また、スクワラン・尿素・ヒアルロン酸Naなど保湿成分が配合されているので、すすぎ後の乾燥を最小限に抑えます。

 

 

 

QuSomeローション

17時間保湿キープが売りの化粧水。

ビーグレン独自の浸透テクノロジー“キューソーム”を更に進化させた“チャージドキューソム”を世界で初めて採用した化粧水だからです。

浸透性貯留性が強化されたことで、長時間肌の潤いを保つことが可能!

各種成分がペプチド化されているので、分子が小さく肌の隅々まで潤いが届きます。

成分:水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na

アッケシソウエキスはコラーゲンの生成を促進するので、継続的に使用することで潤いとハリのある肌へと導きます。

 

 

Cセラム

シャバっとしたタイプの液状美容液です。

成分:PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

余計な成分はカットし、ピュアビタミンC(アスコルビン酸)を肌に入れ込むことに全力を注いでいる美容液。

ピュアビタミンCを、キューソーム(超微小カプセル)に閉じ込め、角層の奥までしっかり浸透させます。

肌に乗せると、じんわり暖かくなるのが特徴です。

付けるとハリが出てピーンとする美容液です。

ハリがでた事を、乾燥と勘違いする人が続出しているそうです!

私は【Cセラム】が気に入りすぎて、現品購入してリピートしています♡

 

 

 

QuSomeホワイトクリーム2.0

ビーグレンといえばこちら!ハイドロキノン配合夜用クリーム。

成分:水, プロパンジオール, スクワラン, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, ハイドロキノン, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, アラキジルアルコール, ベヘニルアルコール, ステアリン酸グリセリル, バチルアルコール, ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸, テトラカルボキシメチルアセチルヒドロキシプロリルジペプチド-12-5Na, テトラカルボキシメチルジペプチド-51-5Na, オリゴペプチド-34, アセチルテトラペプチド-2, オキソチアゾリジン, セラミドAP, オリゴペプチド-68, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, 酢酸トコフェロール, トコフェロール, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアリン酸コレステリル, コレステロール, オレイン酸ポリグリセリル-5, ステアリン酸ポリグリセリル-10, 乳酸K, 乳酸, リナロール, BG, グリセリン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na, ピロ亜硫酸Na

ハイドロキノン濃度が、1.9%→2.0%にパワーアップ!

諸説ありますが、ハイドロキノン6%以上配合のクリームを1年以上使い続けると、白斑になる可能性が高いようです。2%なら安心です。

最近は全顔用のハイドロキノン化粧品がたくさん出ていますね!

表面上シミが浮き出ている所に集中ケアも大切ですが、表皮奥まで届けるとなるとシミ周辺部分へのアプローチも欠かせません。

細胞レベルで美白をするなら、ピンポイント+全体のケアです!

 

 

 

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

こちらは美白クリームというよりも、たるみやシワなどを気にする方向けの、エイジングケア保湿クリーム

ベタつきとは違うテカリとも違う、肌の内側から発光するように細胞レベルで潤っている感覚がありました。

エイジングサインで悩んでいる方には、絶対に絶対に使って欲しいアイテムです!

水, スクワラン, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, グリセリン, シクロペンタシロキサン, BG, ステアリン酸グリセリル, セタノール, ジメチコン, ステアリン酸PEG-45, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, バチルアルコール, ステアリルアルコール, ベヘニルアルコール, パルミチン酸セチル, アセチルテトラペプチド-2, オリゴペプチド-6, ダイズ芽エキス, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ショクヨウダイオウ根エキス, ゲンチアナ根エキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, コレステロール, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, 乳酸K, 乳酸, パルミチン酸, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, プロパンジオール, ペンチレングリコール, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール, 水酸化K

アセテルテトラペプチド2というコラーゲンやエラスチンの生成を促す成分が、バリア機能強化エモリエント効果に期待できます。

そもそも美白系はビタミンCを筆頭に乾燥しやすいアイテムが多いので、最後にこのクリームがあると、乾燥を帳消し!

 

 

 

 

まとめ

ビーグレンは日本人社長で、日本人の肌にあわせた処方日本で製造しているようです。

とても安心ですね♡

ビタミンCとハイドロキノンの組み合わせは、美白・シミ消しケアに最強!

それを叶えてくれる、国産の化粧品です。

▶︎[b.glen]ホワイトケア

キャンペーンでお安いうちに購入するのがお勧めですよ♪

大満足の中身です♡

スポンサー
スポンサー
サイト管理人
Yuka

1級カラーコーディネーター。
色彩と成分に着目して コスメを紹介しています。

スキン・ボディ
スポンサー
スポンサー
\シェアする/
カラーと成分でコスメティック