スポンサー

パーソナルカラー【スプリングとウィンター】を診断されてモヤモヤしている場合

パーソナルカラー診断

パーソナルカラー診断で、

1st スプリング

2nd ウィンター

もしくはその逆の、

1st ウィンター

2nd スプリング

を診断された人。

 

診断結果を聞いて、

「え?私イエベなの?ブルベなの?」

「スプリングとウィンターって全然違うじゃん!」

とお悩みになる場合も多いと思います。

 

 

 

その不安を解消すべく、パーソナルカラーの真髄に迫ります。

 

スプリング・ウィンターの共通点

スプリング・ウィンターさんの それぞれの特徴は以下記事をご覧下さい。

スプリングさんの特徴

ウィンターさんの特徴

 

簡単にまとめると、

スプリングさんとウィンターさんは鮮やかな色が得意という共通点があります。

色彩学的に鮮やかな色とは、彩度が高い色(高彩度)を指します。

その中でもスプリングさんは高明度(明るい色)が得意で、ウィンターさんは低明度(暗い色)が得意です。

つまり、

スプリングさんは

  • ブライトトーン
  • ストロングトーンの一部
  • ヴィヴィッドトーンの一部

 

ウィンターさんは

  • ディープトーン
  • ストロングトーンの一部
  • ヴィヴィッドトーンの一部

あたりが得意ということになります(今は黄み・青みのことは省略して書いています)。

 

 

派手な色の洋服を着たり鮮やかなリップを塗っても、色に負けることなく むしろ魅力がアップする人が多いのが、スプリング・ウィンターさんです。

それに加え、ウィンターさんは無彩色(彩度を持たない色)つまりモノトーン系も得意なので、色の中で最も暗い色、も大得意です!

 

 

まずは、スプリング・ウィンターさんの共通点についてご理解頂けましたでしょうか?

共通点は、鮮やかな色が得意という部分です。

 

 

 

さらに深掘りします。

イエベとブルベを無視していいのか?

色の鮮やかさ(彩度)については前述した通りです。

では、鮮やかな色であれば、補色(反対色)となる黄み青みは無視していいのか?

という点。

パーソナルカラーでは、色の三原則(色み・明るさ・鮮やかさ)どれも欠かせないので、イエベかブルベかももちろん外せない重要な項目です。

 

それなのに、スプリング&ウィンター診断が出てしまった人はこういう事です。

ズバリ、

色みや明るさよりも、色の鮮やかさの方が重要になるタイプの人です!

 

 

別シーズンに置き換えると、例えばサマーさんに、色み(色相)よりも色の明るさ(明度)がすごく重要な人が多かったり、

オータムさんに色の鮮やかさ(彩度)より色の暗さ(明度)がすごく重要な人がいたりもします。

 

それと同じで、何に重きを置くかは個人差があり、その基準はその人の色素で決まります!

だから、10人いたら10通りの詳細結果が出るのと同じで、スプリング・ウィンターの診断結果が出る場合があるのもわりと自然のことなのです。

 

ただし、スプリングとウィンター 2つのシーズンが出る場合、プロ診断なら必ず1stと2ndが出るので、黄みか青みどちらの方がより得意かは明確に分かります。

1stスプリング2ndウィンターなら、青みも苦手ではないけどより黄みが得意ということです。

その上で、鮮やかな色が特に得意!

という意味です。

 

言い方を変えると、

鮮やかなら黄みも青みもそこそこいける!

でも穏やかな色(鮮やかの逆)はあまり得意じゃない。

という感じです。

 

芸能人を例にとると、菜々緒さんが全身パステルカラー(アイスブルー・ミント・ベイビーピンクなど)のワントーンコーディネート(ふんわり系・キュート系)やメイクをしていたらどう見えますか?

全身ブラック・暗く鮮やか・コントラストをつけたファッションの方が断然映えますよね?

それにしても美しい♡同じ人間に見えない!

 

 

 

まとめ

パーソナルカラー診断の結果は、4種類しかないように見えて実はすごく奥が深いです。

だから16分類診断などが誕生したのだと思います。

何分類であれ、結果だけではなく色彩について根本的に理解できるように説明してくれるパーソナルカラーリストに診断してもらう事も大切です。

 

 

また、YesNo形式のネットセルフ診断では正確な結果が導き出されない場合もあります。

結果が合っていても、デフォルト解答のみで個々に寄り添ったアドバイスは出ません。

色素をチェックしないことには、詳細結果を出すことは困難だからです。

だからこそ、個人的なパーソナルカラー診断をお勧めしています!

 

 

この記事が、スプリング&ウィンターMIXさんのお悩み解消となれば幸いです。

 

 

関連記事



スポンサー
スポンサー
パーソナルカラー
スポンサー
スポンサー
カラーと成分でコスメティック
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。