スポンサー

サッと隠せる【白髪用ヘアマスカラ】市販おすすめ3種比較

白髪との付き合い方

顔のシワやシミは1日で無くせないけれど、白髪白髪染めをしてしまえば1日で目立たなくなります。

一見、解決策があるように見えて、実は気を付けなければいけない点もあります。

白髪染めは成分がかなり強いので、白髪染めを定期的に繰り返すことで、頭皮や毛髪にダメージを与え、薄毛や頭皮かぶれなど新たな悩みを発生させる場合があります。

 

そこでお勧めなのが、白髪染め〜白髪染めまでの期間をできる限り長くして、その間つなぎで白髪用カラートリートメントを使うことです。

↑でもこれも使いすぎると少なからず頭皮に刺激はあるので、毎日使うものではないと感じます。

ほんの少しだけ白髪が気になる人や、染め残しを発見してしまった時は、白髪用のヘアマスカラがお勧めです。

市販のヘアマスカラを比較してみました。

金額・使いやすさ・仕上がり的を見て、お勧めの3種類を紹介します。

 

 

オープン価格で550〜850円程度で購入できます。

店頭よりもネットが200円くらい安いです。

【ブローネ】ヘアマスカラ

全4色

ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラック

染色効果はなく、シャンプーで完全に落ちる1日カバー用。

ナチュラルブラック全成分:エタノール、(メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマー、ポリシリコーン-9、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ラウレス-16、ポリクオタニウム-52、エタノールアミン、水、BG、ヒバマタエキス、乳酸、カーボンブラック、酸化鉄

速乾性が高く30秒で乾くので、朝時間がない人にもピッタリ!

気になる白髪が少なめで とりあえず1日隠せたら良い人は、染色効果がないタイプがお勧めです。

染色タイプに比べると成分的に刺激が少なめです。

生え際のみの使用で約50回分

 

 

 

 

 

【ビゲン】ヘアマスカラ

全5色

ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラック、アッシュブラウン

染色効果があり、使う度に染まるタイプ。

2〜4回の使用で白髪が目立たなくなります。

ナチュラルブラック成分:水、エタノール、ベンジルアルコール、クエン酸、ポリアクリルアミド、BG、(C13.14)イソパラフィン、クエン酸Na、ラウレス-7、ローズ水、香料、(+/-)赤102、赤227、橙205、青1、紫401、黒401

乾くとサラッとして不快感はありません。

全体的に刺激が強い成分なので、大まかに塗らず 気になる部分にピンポイント使用しましょう。

その際、頭皮に付かないように注意しましょう。

ほんのり香りがします♡

生え際のみの使用で約50回分

 

 

 

 

 

【サロンドプロ】カラーオンリタッチ白髪隠しEX

全5色

明るいライトブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラック

染色効果があり、使う度に染まるタイプ。

2〜4回の使用で白髪が目立たなくなります。

ナチュラルブラック成分:水、エタノール、ベンジルアルコール、乳酸、ポリクオタニウム-55、PPG-20メチルグルコース、アルニカ花エキス、キュウリエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウニワトコエキス、ゼニアオイエキス、パリエタリアエキス、ホホバアルコール、ポリクオタニウム-10、(+/-)青1、赤227、赤504、黄4、黄403(1)、黄5、黒401、橙205、紫401

染色タイプでビゲン同様 成分の刺激は強めなので、頭皮に付かないように注意しましょう。

汗や雨にも強いタイプですが、白い帽子は避けるのが無難です。

サロンドプロはまつ毛用マスカラのような形状なので、これが使いやすいと感じる人と使いにくいと感じる人が わかれるかもしれません。

私は360度自分の好きな角度で使えるのが使いやすいと感じましたが、これは人によりけりかと…

生え際のみの使用で約60回分

今回ご紹介した中で、1番経済的ですね!

 

 

 

 

ブラシ比較

すみません、適当に買ったら色がバラバラでした…

ブラシの形状にご注目下さい↓

ブローネ:スポンジ付きコーム・長め

ビゲン:スポンジ付きコーム・短め

サロンドプロ:アーチマスカラ型

 

手を一定方向に動かして均一に塗りたい人は、スポンジ付きコームが使いやすいと思います。

自分で液や角度を微調整しながら塗りたい人は、アーチマスカラ型が使いやすいと思います(器用な人ならこちらの形がお勧め)。

 

 

 

まとめ

年齢とともに気になる白髪。

予防も大切ですが、完全に予防するのが難しい為、

いかにダメージを与えず自然に隠すか!

というのは永遠のテーマだと思います。

 

 

自分の白髪に一度出会ったら、生涯付き合っていくことになると思いますが、あまり深く悩みすぎず!

今は色々な白髪隠しアイテムが登場しているので、自分に合うアイテムに出会えたら毎日ポジティブに過ごせますね(^_-)

とりあえず、チラホラ白髪に悩んでいる人は白髪用ヘアマスカラがお勧めです。

 

もちろんカラートリートメントと併用も可能。

 

白髪が増えてきたら、広範囲に使えるアイテムにチェンジするのも良いでしょう。

 

 

 

 

スポンサー
スポンサー
ヘア・ネイル
スポンサー
スポンサー
カラーと成分でコスメティック
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。