美白に欠かせない成分【L-システイン(ハイチオール)】

L-システインとは?

美容にお勧めな成分は沢山ありますが、今回は、L-システインについて紹介します。

L-システインとは、

非必須アミノ酸の一つで、体内ではメチオニンから合成される。皮膚、髪、爪などに含まれるタンパク質ケラチンの構成成分となり、黒色メラニンの発生を抑制したり、アルコールを分解してできるアセトアルデヒドと反応して無毒化したりといった働きがある。そのため、肌や髪のトラブル改善、美白、二日酔い予防などの目的で、錠剤型の健康食品として一般に広く販売されている。
L-システインは小麦胚芽(はいが)、ブロッコリー、ニンニクといった食品に少量含まれているが、必要量を全て食事から直接摂取することは難しく、また体内合成できるので必ずしも食事から摂取する必要性はない。L-システインを体内合成する素となるメチオニンを含む食品(例えば大豆、鶏肉、ホウレン草、カツオ、イワシなど)を補うことでL-システインの合成量を増やすことができる。出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

簡単にまとめると、

L-システイン(=ハイチオール)は、必須アミノ酸ではないが、美肌・美髪にはとても重要な成分

美容の為に積極的に摂りたい成分だが、食品からは少量しか摂取できない為、食品以外から摂取しても良い!

 

ということで、

女性なら、摂取して損はない成分です!!

L-システイン配合の第三類医薬品について第三類医薬品、まとめます。

スポンサー

 

 

市販?皮膚科処方?

L-システインといえば、ハイチオールCが有名ですよね。

「L-システインって、シミの薬だよね?」

とお思いかもしれませんが、代謝が良くなるので、ニキビにお悩みの人や、お酒を飲んだ日にもお勧めです。

個人的には、一家に1つあっても良いと思う!

 

皮膚科で処方して貰う場合は、「ハイチオール錠」等という名前で処方されます。

通院して処方して貰うと、市販のL-システインを買うより、安上がりになる場合も♡

 

 

オススメなL-システイン

ハイチオールC以外にも、L-システイン配合の第三類医薬品は、沢山販売されています。

トランシーノ

トランシーノホワイトCクリアは、某韓国人美容外科医が推奨したこともあり、美容家の間で大人気になりました!

品質は良いですが、少々値段が高いのがネック。

でも、製造元は同じでも、プライベートブランドになるとお安くなります。

 

例えば、、、

エバレッシュ

マツキヨ限定の、エバレッシュホワイトEXⅡは、とにかくコスパ抜群!

  • L-システイン240mg
  • ビタミンC1,000mg
  • ビタミンE50mg
  • ビタミンB群

が、きちんと配合されていています。

 

 

ビタサプリ

サンドラッグ限定の、ビタサプリホワイトEXⅡも、エバレッシュと同等の成分配合。

 

 

シナールイクシ

ツルハ系列の、シナールイクシは、ビタミンB5が配合されています。

 

 

それから、L-システインは通販で購入するのも、非常にお得です。

ミルセリンホワイト

ミルセリンホワイトNKBは、定期購入で3箱を買うと、かなりお得に購入できます。

いつでも解約可能なのも安心♪

 

 

飲んで試すのが1番

とにかく種類が多いので、飲んで試すのが1番です!

改めて振り返ると、ブランド問わず、かなり買っています(笑)

選ぶポイントは、

・L-システイン240mg

・ビタミンC1,000mg以上

(・ビタミンB,Eあれば尚良し)

が、配合されていること!

 

市販L-システイン薬の、成分比較表を作ったので、参考までに。

※ナウフーズは外国産なので、含有量がズバ抜けています

 

 

本当に必要?

L-システインに限ったことではありませんが、サプリメントや医薬品を摂取する際、注意点もあります!

他のサプリや医薬品を摂っている人は、過剰摂取していませんか?

脂溶性のビタミンEなどは、1日の摂取量が定められているので、L-システイン薬で無理に摂取しなくてもいいかもしれませんよ?

 

 

まとめ

美肌の為に、サプリメントや第三類医薬品を摂取している人は多いと思いますが、

個人的に特にお勧めなのが、L-システインです。

1ヶ月続けると、変化が見えると思います。

是非、お試し下さい。

タイトルとURLをコピーしました