令和の『家庭用美顔器』ならコレ一択!【フォトプラスEX】

美顔器選びの基準

美顔器の種類は、多岐に渡ります。

種類も値段も様々で、

「どれを買えばいいのかわからない!」

そんな声をよく聞きます。

 

私は、今ほど家庭用美顔器が普及していない十数年前に、高額な美顔器を買い揃えていますが、今なら絶対あり得ない!!

このコードを見るだけで、具合が悪くなる( ´Д`)

  • 重い
  • 大きい
  • 大変

の三重苦…

全部、元を取るほど使ったけど、今なら絶対買わない!

だって、今は、もっと小さくて、高機能な美顔器が沢山あるから…

 

本記事では、

①お手頃価格

②使いやすい

③お手入れが簡単

④コンパクト

⑤効果がある

市販美顔器の中で、これらを全てクリアした、お勧めの美顔器を紹介します。

スポンサー

 

 

【ヤーマン】フォトプラスEX

個人的に、欲しい機能が全て搭載されている、お勧めの美顔器は、

【ヤーマン】フォトプラスEXです。

有名なので、見聞きしたことがある人も多いでしょう。

今、日本で一番売れている美顔器です!!

 

フォトプラスEXの搭載機能は、

・イオン(導出・導入)

・RF

・マイクロカレント

・EMS

・LED

です。

 

これさえあれば、無敵!!

これ1つでトータルケアできます!

なかなか無いんですよ、コンパクトサイズで、これだけ搭載されている美顔器!!

 

使用手順

まずは、美顔器使用前に、いつも通りのクレンジング&洗顔を済ませます。

肌が汚れていると、美顔器の効果が半減してしまうので、汚れはしっかり落としましょう!

この時注意したいのが、洗顔後は何もつけないこと。

化粧品に含まれる添加物が、美顔器のパワーで肌深部に浸透してしまう場合があるからです。

 

 

①クレンジングモード

洗顔後の肌に、また洗浄?とお思いでしょうが、

通常の洗顔では落とし切れない汚れを、イオンの力で落とすことが目的です。

「洗顔後に、まだこんなに汚れが?」

と驚くことでしょう!

 

 

②モイスチャモード

ラジオ波で温めながら、イオン導入を行います。

お勧めは、ビタミンC誘導体の導入。

ビタミンC誘導体は、イオン導入に向いている成分です。

 

 

 

③マイクロカレント

年齢が気になる目元には、微弱電流の優しいケアが最適です。

※マイクロカレントは、 公式限定モデルにしか搭載されていません

 

 

④EMS

顔の筋トレができるEMS!

たるみを防ぎ、小顔効果もあり!

顔がギュンギュン動きます!

 

 

⑤LED

ラジオ波と光のダブルケア。

LEDの赤い光は、年齢肌のお手入れに最適です。

刺激が無いので、皮膚の薄い箇所もお手入れできます。

 

 

⑥クールダウン

最後に、肌を冷却して、おしまいです。

ドライヤー等もそうですが、お手入れの最後に『冷』を与えると、肌や髪がキュッと引き締まります。

 

 

以上のトータルケアならば、週に2,3回くらいで十分です。

肌が弱めの方ならそれ以下で♪

 

 

 

まとめ

30代以上に絶対お勧めなのが、美顔器!!

「美顔器は、高いし面倒…」

と考える人も多いと思いますが、

それ、いつの話ですか?!

今の美顔器は、昔のものと全然違います!

私が買った時代は【ヤーマン】フォトプラスEXのような、安くて、高機能でコンパクトなものは無かったので、本当に羨ましい限り・・(ノД`)

重いし、大きくて邪魔!

1台1機能ずつ、お手入れも面倒!

そして高い!という、ザ!昔の美顔器達↓

壊れたら、絶対【ヤーマン】に買い換えると決めてるのに、どれも全然壊れない(笑)

 

美顔器の初期費用だけで、老化スピードを止めることができるなら、エステより断然安いと思います!

 

2020年現在のベスト美顔器は、

【ヤーマン】フォトプラスEXで、間違い無いでしょう!!

↑楽天でも公式モデルを購入できますが、

 

公式サイトは11,000円引きと、最安です。↓

 

また、家電量販店などで販売されている黒い本体のものは、マイクロカレントモードが搭載されていないので、お間違えのないように♪

 

 

アタッチメントを交換したり、コードが多く面倒な美顔器は、続かない人も多いと思いですが、

【ヤーマン】フォトプラスEXは、ハンディタイプで本当にお手軽なので、面倒くさがりさんにもお勧めです。

是非、日頃のお手入れに追加して、若々しい肌を手に入れて下さいね♡

▶︎『フォトプラスEX』公式

スポンサー
サイト管理人
Yuka

絶対色感カラーリスト。
色彩学と化粧品成分に着目し、コスメを紹介しています。

Yukaをフォローする
スキン・ボディ
カラーと成分でコスメティック
タイトルとURLをコピーしました