パーソナルカラー【ウィンター】の特徴と似合うコスメ

ウィンター

パーソナルカラーウィンターさん(女性)の特徴

ウィンターさんは、美しい夜空や、キラキラ輝く月や星のイメージです。

身体的な特徴としては、以下の場合が多くあります。

・色白な人が多い(ブルーベース)

・肌が丈夫な人が多い

・虹彩(瞳)の色が、黒っぽい

・黒目と白目の境界がハッキリ(目力がある)

・髪の毛が真っ黒な人が多い

・毛量が多い

・髪の毛にツヤがある

 

また、その人の持つ印象としては、シャープ、高級、人工的、都会的、カッコイイ、強いなどに当てはまる人が多いです。

 

 

 

 

似合う色

ほんの一例ですが、ウィンターさんに、よく似合うカラーです。

※自然光・加工なし

 

彩度高め(鮮やか)で、明度低め(暗い)カラーが、似合います。

 

そして4シーズンの中で、最も『黒』が得意なのがウィンターさんです。

黒に限らず、ウィンターさんは、強い色に負けないという特徴があります!

黒は無難で誰でも似合うと思いがちですが、実は黒をトップスに持ってくると顔色が悪くなる人も多いのです。

 

色味のポイントとしては、

ウィンターさんは、ブルーベースのカラーが得意なので、

  • ビビットピンク(ブルベ)か、オレンジピンク(イエベ)で悩んだら、ビビットピンク!
  • レモンイエロー(ブルベ)か、マスタード(イエベ)で悩んだら、レモンイエロー!
  • 赤や緑など、様々な色相の中でも、青色を感じるか!

という選び方をすると、失敗が少ないです。

 

 

 

 

似合うコスメ

ほんの一例ですが、ウィンターさんに似合うコスメを紹介します。

ベースメイク

ウィンターさんは、ピンクっぽさがあるオークル系が調和しやすいタイプの人が多いです。

上:オークル系

下:ベージュ系

ベースメイクは広範囲なので、色選びの失敗は絶対に避けたいです!

自信がない場合はBAさんにチェックしてもらったり、実際にテスターするのがお勧めです。

 

 

アイブロウ

アイブロウは髪色との兼ね合いもあるので一概には言えませんが、もし持ち前の黒髪を生かす場合は、グレー・ブラック系がお勧めです。

 

 

 

アイシャドウ

ウィンターさんは、他シーズンさんが派手すぎて使えないようなアイシャドウを塗っても、色に負けないインパクトを持っています。

 

モノトーンで攻めるのも得意です!

 

 

 

アイライナー

漆黒のくっきりアイライナーが大得意!

リキッドや、ツヤありジェルがお勧めです。

 

 

 

チーク

チークも範囲が広めなので、色選びは重要!

プラムやローズなど明るすぎない青みピンクが得意です。

 

 

 

リップ

真紅や鮮やかなリップが似合うのも、ウィンターさんの特徴です。

アイメイクとバランスをとりながら楽しみましょう♪

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※上記は一例です。必ずしも全てのウィンターさんに調和するという訳ではないので参考までに。

 

 

 

まとめ

今回はウィンターさんの特徴と、典型的ウィンターさんに似合うコスメを一部紹介しています。

ご自身のパーソナルカラーがわからない場合は、パーソナルカラー診断を行うことをお勧めします。

 

私自身もカラーリストとしてパーソナルカラー診断を行なっているので、ここで1つアドバイスを…

パーソナルカラー診断を受ける上で、カラーリスト選びに悩んだら、最低でも以下の資格を持っている人を選ぶと、診断ミスが少ないと思います。

・AFT色彩検定1級

・パーソナルカラー関連資格の1級

それに加えて、

・顔出しやメイクを公開している人であれば、自分のセンスと合う人

を選ぶのも良いでしょう。

 

無資格でももともと色彩センスがある人もいますが、色彩学を学んだ人とそうでない人では、知識の部分に差が出る為、お客様が「理論的に理解する言葉で伝えられるか」という点が大きく異なるでしょう。

 

世の中に存在する色は、数百万色以上あると言われています。

目で確認できるだけでも、数千色以上!

一度のパーソナルカラー診断で、その時そこにあった見本で似合う色を教えて貰っただけでは、今後個人で行う色選びには活かせないのです。

パーソナルカラー診断では、似合う色の傾向を本質から理解することが重要です。

 

それらを踏まえると、カラーリストの保持資格は一番最初に確認すべき項目と言っても過言ではないかもしれませんね。

 

せっかくお金を払って診断して貰うなら、診断ミスは避けたいですね…

資格を持ったプロのカラーリストに、顔を見て診断して貰いましょう!

 

 

 

 

 

スポンサー
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。