気を付けて【イエベ・ブルベ】の誤解について…

イエベ?ブルベ?

世間に【パーソナルカラー】が認知され始めて、ネットや雑誌などどこでも目にするようになった言葉、

「イエベ」

「ブルベ」

 

イエローベースブルーベースのことですね。

黄色が調和する人と、青が調和する人。

 

数年前に比べて色々な言葉が増えて、

イエベ春・イエベ秋・ブルベ夏・ブルベ冬…

どんどん派生して、他にも16分類など色々な表現があります。

 

 

どれもベースには、イエベとブルベがあるのですが、

簡単なようで実は すごくすっごく奥が深いのです!

 

この記事を読んだら、今までの勘違いに気付く人も多いと思います。

簡単に「イエベ・ブルベ」って言わなくなってしまうかもしれません(笑)

 

 

 

イエベ・ブルベの勘違い

一般的に、

イエローベースの人はスプリングオータムに属し、

ブルーベースの人はサマーウィンターに属しますよね。

ここまでは正解!

 

しかし、

「私の肌は赤みがあるからブルベ」

「私の肌は黄色っぽいからイエベ」

これは大きな勘違いです!

 

イエロー系肌のイエベさん、ピンク系肌のブルベさんはもちろん多く存在しますが、

例えば、肌がかなり黄色っぽくても、髪と目にブルベの要素が強くてウィンターの人もいるし、敏感肌で肌に赤みが出やすい人でも、髪と目にイエベ要素が強くてスプリングの人もいます!

 

 

正しくは、

黄みの色(洋服・メイク)に調和する人をイエベと言い、

青みの色(洋服・メイク)に調和する人をブルベと言います。

さらにわかりやすく説明すると、

白人の欧米人にもイエベさんは沢山存在しますし、黄色人種の日本人に1番多いパーソナルカラーはサマー(ブルベ)です!

 

ということは、

肌は全身の大部分を占めますが、イエベ・ブルベを決定する一つの指針に過ぎず、肌・目・髪、全てを見ないことには、個人のパーソナルカラーの決定は不可能です。

 

 

 

 

そもそもは補色(反対色)。

肌色に黄色系を足せば、黄みが増すのは安易に想像できますよね。

それをやっても健康的に魅力がアップする人がイエベさん。

逆に、青系で補正すると顔色が映える人がブルベさんです。

 

洋服(特にトップス)やメイクで温もりをプラスすると綺麗に見える人がイエベさん。

逆に、冷たさをプラスすると綺麗に見える人がブルベさん。

 

 

伝わりましたでしょうか?

この記事でも詳しく説明しています。

 

 

 

 

色は楽しむもの!縛られるものではない!

なにが言いたいのかというと、

セルフ診断での思い込み・勘違い・誤診断で色に縛られている人を見ているのが辛い( ;  ; )

良かれと思ってやったセルフ診断の結果が誤診断で、その後間違いのパーソナルカラーに縛られているって恐ろしいことですよね…

似合う色・好きな色をあえて避けてしまっている可能性もあります。

 

だったらセルフ診断はしないで、好きな色を選んでいる方が100倍楽しい!

実際、私はサマーですが全然似合わないオータム色を選ぶ時もあります。好きという理由だけで!!

 

 

自分のパーソナルカラーは、プロ診断できちんと理解した上で、一つの基準にするくらいがちょうど良いです(^_-)

決して好きな色を諦める理由はありません!

スポンサー
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。