最近の「イエベ・ブルベ」自己申告に感じること

イエベとブルベの意味、ご存知ですか?

間違った情報が、当たり前とならないように、

今回は、少々辛口で、

斬り込んだ記事を書きます!

同業者様からの反論・ご意見がございましたら、

「お問い合わせ」から、お願い致します。

 

最近、美容系SNSなどを見ていると、カラーリストとして、

少々…いや、かなり気になっていることがあります。

最近、SNSアカウントの自己紹介などで、ご自身のことを、

「イエベ春」

「イエベ秋」

「ブルベ夏」

「ブルベ冬」

等と紹介している人が多いですよね⁈

 

4分類であれ、8分類であれ、16分類であれ、プロ診断の結果を紹介しているのなら、何の問題もないことです。

むしろ、美容アカウントなら、その人のイメージが湧いて、とてもわかりやすい自己紹介♩

 

正しい診断結果を載せているのならっ!!

 

 

私が気になるのは、パーソナルカラーを

推測で書いている人の多さ!

「おそらくブルベ冬」

「自己診断イエベ秋」

「グリベ」とか…

「それって意味ありますか?」

 

自己紹介欄って、1番のアピールページですよ!

そこに、推測の内容を、堂々と載せるメリット、ありますか?

就活で、エントリーシートに「おそらく英語が得意」って書いたら、100%不合格ですよね?

 

そのくらい、「おそらくブルベ」「自己診断イエベ」「グリベ」と表記することは、意味が無く、ご自身の価値を下げることだと思います。

そもそも、

「ブルベ・イエベの本当の意味、説明できますか?」

という疑問…

↓おすすめ記事↓

 

また、そのような曖昧な自己紹介をした人が、有名であればあるほど、その人の、“真似っこ自己紹介”をする人が増えると予想します。

これ、結構、怖いことだと思っています。

だから、ピンべとか、謎の言葉が生まれるんだよ(;o;)

 

おそらく、カラーリスト全員が感じているでしょう!

「推測パーソナルカラーを載せるくらいなら、何も載せない方が良いのでは…?」

と。

スポンサー

 

 

そもそも発端は?

最近、ネットでのパーソナルカラー診断が、非常に多いですよね?

化粧品会社なんかは、コスメ選びの参考にして欲しくて、公式サイトのメニューに、PC診断があるくらい♫

でも、これは正直、

化粧品を買ってもらう為の戦略です!!

誤診への、クレーム窓口なんて存在しません。

 

もちろん、その簡易的な診断で、正しいパーソナルカラー診断ができる人もいますが、

ニュートラル要素が強めの人なら、かなりの確率で誤診が起きて当然です!

なぜなら、本人の色素チェックや、ドレーピングをしていないのだから・・・

 

WEBカメラで、AIが色素チェックをして、診断結果を出してくれるネット診断なら、まだ正確性が高いと思いますが、

『イエス・ノーのアンケートで、多い数は?』

というタイプのセルフ診断は、参考程度にして下さい!!

 

最近のネット診断、メリット・デメリットどちらもあると思います。

色に振り回されたり、色の悩みを増やさないポイントは、ネット診断を信じきらないこと!

これに尽きます♩

 

なんなら、私がやっている、オンライン診断も、100%は信用しないで下さい(笑)

95%くらいの信用度で、申し込んで頂けると、良いかと思います。

パーソナルカラーと、似合う市販コスメを提案します 顔写真と、質問へのご回答だけでOK

大幅に外すことはないと自負しておりますが、正直なところ、細かい色の診断などは、対面診断より、正確性が劣ります。

(私だけはなく、全カラーリスト共通)

 

 

やはり、100%の正確性・満足度を得たければ、対面診断が最善です!

コロナ禍で、できない場合も多いのが、心苦しいです・・・

※現に、地方在住の私も、対面診断は現在休止中です。オファーがあった時のみ、行なっております。

 

 

 

カラーリストの逃げ

そして、これも重要!

パーソナルカラーにおいて、黄み青みの間、ニュートラル気味の人も一定数存在します。

ニュートラルの人は、似合う色の幅も広いのですが、その色の中でも、カラーリストが、どの色が得意かを絞り込めなければ、プロ診断をする意味がないです。

「あなたはニュートラルだから、何色でもだいたい似合います!」

なんて言うカラーリストがいたら、信用しなくて大丈夫です!!

色を見極められていないカラーリストが、よく使うセリフです。

 

本物のカラーリストなら、ニュートラル気味なことを伝えた上で、

パーソナルカラーを確定させ、特に似合う色と、苦手な色を伝えることでしょう!!

スポンサー

 

 

カラーリストの悩みのタネ

私自身、カラーリストをしていて、ここ最近強く感じるのですが、

数年前は、パーソナルカラー診断をする際に、

お客様に「スッ」と伝わったことが、今は違うのです。

良い場合では、以前より、スッと伝わる時もあります。

例えば、

最近、ネットや雑誌で、パーソナルカラーについて取り上げられることが多い為、お客様に知識があり、噛み砕いて説明をしなくても、意味が通じる場合です。

 

そして、ここ最近増えてしまったのが、

お客様が、パーソナルカラーについて、間違った知識をお持ちで、その“勘違いの訂正”からしなければいけない場合が多いこと…

人は、一度信じた内容を、簡単には覆されない為、新たな人からの新たな意見を、受け入れられないことが多いものです。

 

ましてや、信頼しているわけでもない、その日初めて接触したカラーリストの意見を、素直に聞き入れるのは、容易ではありません。

 

だからこそ、

色選びに疑問を持っている人や、

以前の診断結果に納得できていない人は、

「この人なら信用できるかも!」と思えるカラーリストに、パーソナルカラー診断の依頼をすることを、心からお勧め致します。

 

 

私も、少しでも多くの人に、信用されるカラーリストになる為、

端的に伝わりやすい言葉や表現、カラー知識を、日々学び続けますね。

 

長くなりました。

 

本来、楽しいはずのパーソナルカラー診断で、

悩みを増やしたり、モヤモヤする人を増やさない為に、

少々辛口に、熱を入れて書きました。

 

 

この記事もおすすめです。

 

私の想い、貴方様の参考になれば、幸いです(^^)

 

タイトルとURLをコピーしました