【スプリングさん】がブラックとブルーを選ぶ場合

スプリングさんの特徴

パーソナルカラー、スプリングさんの特徴については、以下の記事でも、まとめています。

上記記事をお読み頂くと、本記事がスムーズにご覧頂けると思います。

 

繰り返しになりますが、スプリングさんは、

・黄みの色

・明るい色

・鮮やかな色

が得意という特徴があります。

スポンサー

 

 

重要視する三属性

色の三属性とは、

色相(色み)・明度(明るさ)・彩度(鮮やかさ)のことです。

スプリングさんの中でも、

・色相(黄色っぽさ)が重要な人

・明度(明るさ)が重要な人

・彩度(鮮やかさ)が重要な人

など、人によって、重視すべき三属性が異なります。

 

 

例えば、この写真。

↓↓↓

右側が得意なスプリングさんも、左側が得意なスプリングさんもいます。

細かく分けると、もっと分類できます。

 

イコール

スプリングさんを一括りにはできないのです!

それを細かく分類するのが、プロによるパーソナルカラー診断です。

 

 

 

スプリングさんの苦手カラー

スプリングさんが、あまり得意ではない色に、墨のようなブラックや、青々としたブルーなどがあります。

例を挙げると、ブラックフォーマルのような漆黒や、真っ青なロイヤルブルーなど。

 

でも、ブラックやブルーが、全て似合わないということは、決してありません!

 

例えば、

ブライトトーンなどの緑っぽい青系になると、スプリングさんが、得意なブルーです。

 

また、ブラックのレザージャケットは、顔色が悪くなってしまっても、

レースやシアー素材のブラウスになると、素肌の透け感とミックスして、スプリングさんでも抵抗なく身に付けられる場合があります♪


 

 

 

この写真の、ブラックとブルーをご覧下さい!

上段ブラック 下段ブルー

右に行くほど、スプリングさんは、合わせやすくなるはずです!

特に、右下の、黄みを帯びたライトブルーは、スプリングさんでも、顔色が青ざめることなく身に付けやすいカラーです。

 

スプリングさんにも、似合うブラックやブルーは存在します。

あまり苦手意識を、持ちすぎないことが重要です。

 

 

まとめ

パーソナルカラーを無視して、好きな色を身に付けたり、メイクをしたいという考え。

実は私、賛成派です!

私も、自分のパーソナルカラーではない、好きな色を身に付けたり、メイクをする派。

似合うように工夫はしますが…

カラーリストをしているからこそ、色に縛られるのが嫌いなのです!!

 

ただ、

自分を輝かせる色を知っていて、損をすることは、決してないと思います。

タイトルとURLをコピーしました