パーソナルカラー【スプリング】さんの配色例

配色バランス

久々のパーソナルカラー特集です!

ファッションにおける配色技法について4日連続で更新したいと思います♪

過去にパーソナルカラー診断を受けたことがある人は、カラーリストから得意な傾向の色苦手な傾向の色を伝えられたと思います。

それは是非参考にして下さい♪

 

 

ただし、これが非常に重要!

一概に

「得意な色を組み合わせれば似合う」

という訳ではなく、

「苦手な色を避ければ良い」

という訳でもないのが現実。

色の組み合わせ方やバランスが重要!

 

 

 

基本的な配色法

配色には様々な種類があります。

トリコロール配色やグラデーション配色などは、耳にしたことがあると思います。

そういう配色技法も素敵なのですが、今回は基本的な配色法について紹介します。

簡単にいうと黄金比です!

 

ファッションで身に付けるアイテムの全体を100%とすると、以下の割合で配色すると、バランスが取れると言われています。

基調色(ベースカラー)

60〜70%

 

配合色(アソートカラー)

25〜30%

 

強調色(アクセントカラー)

5〜10%

数字の割合は多少前後しても大丈夫です♪

重要なのはそこに当てはめる色!

 

ここからちょっと専門的な内容になります。

実は当てはめる色は、各パーソナルカラーによって、似合う法則が異なります

 

 

今回はその配色法をまとめたいと思います。

1日目の今日はスプリングさんについて。

 

 

スプリングさんの配色技法

まずは、スプリングさんに得意な人が多いカラーで、ザッと4パターン配色してみました。

  • 上がトップスやアウター
  • 下がボトムス
  • 左上がストール・バッグ・ベルト・シューズなど小物類

と想定して下さい。

 

スプリングさんの場合は、

ベースカラーに顔色が良く見える得意な傾向の色を使い、

アソートカラーにはベースと何らかの関連性を持たせ、

アクセントカラーはベースやアソートから明度(明るさ)や彩度(鮮やかさ)を大きく変化させる

とよく似合うと言われています。

どれもだいたいで大丈夫!考えすぎると本当に混乱するので!!

 

 

例えば、ベースがピスタチオのような淡いグリーン系であれば、アクセントは補色(反対色)となるレッド系の鮮やかトーンにしてもキマるのがスプリングさんです。

そんな真逆の色をアクセントカラーにするなんて、奇抜じゃない?

と思うかもしれませんが、結論を言うと、それが似合うのがスプリングさんなのです!

 

また、アクセントカラーは前述した通り全体の5〜10%程度であり、小物類で取り入れるだけで簡単に5%に達します!

 

意識してたくさん足さなくても大丈夫です。

ベルト一本、サンダルの一部分、バッグなどで十分強調できます。

 

 

アドバイス

逆に、スプリングさんにとって少々もったいない例としては、人気はあるのですがベージュのワントーンコーデなど。

スプリングさんはベージュ系が基本的に得意です。

ベージュのワントーンコーデをしても、顔色が悪くなったりはしないのですが、少々スプリングさんの若々しさや快活さが表現できないコーディネートとなります。

 

もし、ベージュ系でワントーンコーデをしたい場合は、ストール、インナー、バッグ、サンダル、ピアスなどで、コーラル系・レッド系・ゴールド系・イエロー系などの明るく鮮やかな色を追加すると、

スプリングさんの美しさがさらに引き立ちます!

 

ストールなどの小物ならサッと外すこともでき、バッグやシューズは顔から離れた場所にあるので、ベースのワントーンコーデを大きく崩すことなく取り入れられますね♪

是非お試し下さい♪

 

 

 

まとめ

今回はスプリングさんが得意な配色について紹介しました。

 

次回はサマーさんについて♪

スプリングさんとは、全然違うバランスとなります!

お楽しみに♡

スポンサー
スポンサー
サイト管理人
Yuka

1級カラーコーディネーター。
色彩と成分に着目して コスメを紹介しています。

パーソナルカラー
スポンサー
スポンサー
\シェアする/
カラーと成分でコスメティック