角栓が気になる時に試して欲しい【クレンジング方法】

今回の記事はいつにも増して長いです(笑)

肌ケアに興味のある方のみご覧下さい!

クレンジング慣れ?

色々なクレンジング剤を試してみて、最初は「コレ合ってるかも♡」と思ったはずなのに、使い続けるうちに最初のような効果が実感できなくなることありませんか?

角栓や黒ずみが出たり、メイク落ちがイマイチだったり…

 

 

肌が慣れるというのも一理あるのですが、自分自身の使い慣れにより最初ほど丁寧にクレンジング出来ていない場合もあります。

 

 

また、初めて使うコスメは良くも悪くも肌の反応が出やすいのですが、同じものを使い続けると効果を感じづらくなります。

 

 

そんな時に試して欲しいのが、

正しいクレンジング方法!

使い方を見直しましょう!

 

 

 

オイルクレンジング

まずはじめに、

「オイルクレンジングは肌に悪い」

と思っている方、先に以下記事をお読み下さい!

年代によってはご自身の経験とリンクする方も多いかも…

 

 

オイル選びさえ間違わなければ、クレンジングオイルは最強だと感じます(ニキビ肌タイプ除く)!

 

一言にオイルと言っても色々あります。

お勧めは、油脂エステル油の2種類。

油脂クレンジングオイル

特に推している、油脂クレンジングオイルは、皮脂汚れやメイクはスッキリ落としてくれるのに、肌の潤いはしっかり守ってくれます。

使い続けると肌が元気になります。

乾燥肌・敏感肌さんにもお勧め!

 

エステル油

もう1つ、エステル油のクレンジングオイルは、油脂より脱脂力が強いのですが肌負担が比較的弱めです。

油脂がどうしても合わない人にお勧めです。

脂性肌・ニキビ肌さんにもお勧め!

 

 

 

今回は、上記のような安全性の高いクレンジングオイルを使うという前提で説明します。

性質

当たり前ですが、は、自然に混ざりません。

顔に食用油を塗って 水ですすいでもベタベタのままです。

 

こうならない為に、クレンジングオイルに配合されているのが界面活性剤です。

油と水を乳化させる効果があります。

 

界面活性剤は悪!

とお思いの方も多いのですが、界面活性剤が無かったら油性の汚れ(メイク)は綺麗に落とせません。

年中すっぴん生活なら、界面活性剤を避けたスキンケアができると思いますが…

 

そもそも界面活性剤にも、肌負担が多いものと少ないものがあります。

オイル自体の質も大事ですが、肌刺激が少ない界面活性剤が配合されたクレンジングオイルを選ぶことも非常に重要です。

当サイトで紹介しているクレンジングオイルは、成分が安心なものだけなので是非参考にしてみて下さいね(^_−)

 

 

とにかく、本来混ざり合わない油と水を界面活性剤で乳化させて汚れを落とすことが、クレンジング剤の目的なのですが、その乳化が甘い人が多いです!

 

例えば、

①使っているのはクレンジングオイルなのに、いきなり濡れた手でクレンジングをしている人。

↑表面的な汚れ落としにしかならず毛穴汚れや角栓が残ります。

 

 

②クレンジングのクルクルする時間が極端に長すぎる人。

↑油脂ならともかくエステル油で5分もやったら、天然保湿因子まで流れてしまい、逆に皮脂分泌が盛んになり毛穴トラブルを起こします。

 

 

③クレンジング自体は丁寧なのに、すぐに洗い流してしまう人。または冷たい水で流している人。

↑惜しい!乳化させるともっと綺麗に落とせます。冷たすぎる水では油(汚れ)落ちが悪くなります。

 

察しの良い方なら、このNG例だけで正しいクレンジング方法がわかったと思います!

 

 

 

正しいクレンジング方法

オイルクレンジングの場合

①顔も手も、完全に乾いた状態で、クレンジングオイルを顔に乗せる

②力を入れずに、クルクルと優しく馴染ませる(1分以内)

③手だけを洗う(手についたオイルをリセット)

④手の水分を軽く払って、手が軽く濡れた状態で顔に馴染ませる(ここで乳化)

⑤行程③④をもう一度繰り返す

⑥ぬるま湯で全顔をすすぐ

以上


 

「クレンジングで、毛穴汚れまで落ちない」

という人の話を聞くと、

③④⑤を省いている人が圧倒的に多いです。

 

でも、仕方ないのです(;_;)

クレンジング本体の「使い方」に乳化について詳しく書いていないから…

優しくマッサージしながらメイクを馴染ませて、ぬるま湯で洗い流す

くらいの当たり前のことしか書いてないのですから。

 

 

だから、高品質なクレンジングオイルを使っているのに角栓や毛穴汚れにお悩みの方は、いつものクレンジングに乳化行程を取り入れてみて下さいね♪

 

 

ちなみに、

オイル以外のクレンジング剤では、乳化が必要ないものもあります(リキッドやジェルなど)。

オイルフリー系はそもそも乳化しません!

極端な言い方をすると、洗剤と一緒で、強めの界面活性剤でメイクを落としているイメージです。

 

 

 

まとめ

丁寧なクレンジングというのは、長時間クルクルすることでも、素晴らしいマッサージを取り入れることでもないです。

 

乳化行程を省かないこと!

これがポイントです。

正しいクレンジングを行えば、汚れがスッキリ落ちます。

あとは、基本ですが体温に近いぬるま湯を使うこと!

 

 

簡単なので是非お試し下さいね!

 

 

 

エリデン買うなら、このショップが1番♡

 

カウは、アマゾンが安いです。

 

スポンサー
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。