プロが教える【パーソナルカラー】のメリット・デメリット

パーソナルカラーとは?

近年話題の

パーソナルカラーとは『髪・瞳・肌』など生まれ持った個人の色素に調和し、その人自身を輝かせてくれる色のことです。

 

大きく4種類に分類されます。

スプリング(イエベ)

サマー(ブルベ)

オータム(イエベ)

ウィンター(ブルベ)

それぞれに魅力があります。

 

 

パーソナルカラーは、

「赤は似合うけれど青は似合わない」

という単純なことではありません。

 

「この赤は似合うけれど この赤は似合わない」

というレベルの話です。

私は普段のカラー診断で、微妙に色が違うカラードレープ(布)を150色使って診断しています。

そのくらい、人によって似合う色には微妙な差があるからです。

 

 

だから日常で、

Aさんに似合う口紅がBさんには似合わない

ということが頻発するのは当然のことなのです!

 

また、パーソナルカラーは好みの色とは異なる場合があります。

その為、基本的にパーソナルカラー診断は、色彩を客観的に捉えることが可能なパーソナルカラーリストが直接診断するのが望ましいと言われています。

ネットのセルフ診断や家族や友人からの予想診断は、主観や先入観が邪魔をしてしまうものなのです。

 

 

 

 

メリット

パーソナルカラーを知るメリットは沢山あります。

  • 洋服、化粧品選びの失敗が減る
  • 自分に似合うヘアカラーがわかる
  • 若く見える
  • 肌が綺麗に見える
  • 格好良く見える
  • コンプレックスを目立たせない

などなど。

自分自身のパーソナルカラーを把握することで、自分に似合う色を知り、コスメや洋服など買い物の失敗、美容室での撃沈が格段に減ります。

また、パーソナルカラーに則ったヘアカラー・メイク・ファッションを意識するだけで、若々しく見えたり、他人からの印象が良くなります。

パーソナルカラーを味方に付けない手はありません!

 

 

 

デメリット

こんなに良いことだらけのパーソナルカラー診断ですが、パーソナルカラー診断のデメリットもあります。

  • パーソナルカラーを間違う場合がある
  • 色に捉われすぎてしまう

 

まず、近年人気の『セルフパーソナルカラー診断』は、どうしても主観が強くなってしまったり、パーソナルカラーリストが直接診断していない為、診断ミスが起こりがちです。

これでは意味がありません。

 

また、パーソナルカラーリストに診断してもらった場合でも、

「あなたはスプリング!」と診断されると、

スプリング以外は似合わない!と思い込んでしまう事例も多々あります。

 

 

「スプリングだけど サマーのこの色までは似合う」

「スプリングだけど オータムも結構似合う」

「この赤は得意だが あの赤は苦手」

など、色彩を本質的に理解することが必要になります。

※それらを伝えることができる、ベテランに診断してもらうのが望ましいです。

 

そして、

似合わないからと言って、欲しいコスメや洋服を諦める必要はないのです!

パーソナルカラー的にも色彩学的にも、配色技法によっては苦手な色を着こなしたりメイクに取り入れることは十分可能です。

※苦手な色の取り入れ方を教えてくれるパーソナルカラーリストは、真のパーソナルカラーリストだと思います!

 

 

まとめ

上記を踏まえ、私が一番に訴えたいこと!

パーソナルカラー診断を、雑誌やネットのセルフ診断で行うのは個人の自由ですが、その後、

本当に合っているのかな?

と不安になるようでしたら、一度プロの診断を受けることをお勧めします。

似合う色は生涯変化がありますが、基礎となるパーソナルカラーは基本的に変わらないと言われています。

自分自身に似合う色を、自信を持って知ることが重要なのです。

 

 

 

スポンサー
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。