お金を払えば誰でも取れるディプロマのみのパーソナルカラーリスト?!

無資格カラーリスト?

批判もされそうですが、パーソナルカラー診断を受けて、残念な思いをする人が少しでも減る為にあえて書きます。

スポンサー

 

最近SNSなどで、

パーソナルカラー診断やコスメ分類をしている人、沢山お見かけします。

見る側としては、身近なツールで無料でパーソナルカラーの情報が入るのは嬉しく感じるでしょう(正確な情報なら)。

また、書く側として、SNSで集客をすること自体は何の問題もないことです。

 

 

私が気になっているのは、度々物申している『パーソナルカラーリストの資格』について。

以前も書いた通り、パーソナルカラーリストを名乗る上で必要な資格はありません。

極端な話、ほぼ知識無し・無資格もOK!

 

 

 

最近、前にも増して思うことが・・・

パーソナルカラーリストを名乗っている人で、色彩検定1級を持っていない人、多すぎませんか?

ということ。

 

 

色彩検定は、文部科学省後援の色彩資格で、公的な資格の1つです。

1級になると、そこそこの難易度です。

↓私物テキストから一部抜粋

ファッション・メイク関係の仕事に就きたい場合、持っていると有利な資格と言えるでしょう。

 

 

それを持っていない人が、

カラーについて語って大丈夫?

と思ってしまう訳です…

 

プロから見たら、色彩学がある人なのかない人なのかは、一目瞭然ですよ!

インスタの1ポストで見抜けます!

 

色彩検定は、パーソナルカラーリストを名乗るなら、まず一番最初に持っていてもおかしくない資格だと思います、個人的に。

 

 

協会ディプロマは?

最近多いのが、SNS等でカラーリストを公言している人に、民間協会でのディプロマ(証明書のようなもの)のみの取得で活動している人も多いです。

「え?資格それだけ?」

って正直驚きます・・・

 

私が過去、特に驚いたのが、某パーソナルカラー協会の講座講師で、色彩検定2級までしか持っていない講師がいました!

(それを堂々と紹介している協会にも疑問でした)

その講師が他に持っている資格は、所属している協会のディプロマのみ。

その協会のことなら、なんでも知っているのかもしれませんが、もし色彩検定1級を持っている生徒さんから、難易度が高いカラーの質問をされたら、どう答えるのか気になりました。

そんな人から色彩学を学んで、意味があるのだろうか…

 

 

民間の協会は、極端に言うとお金を払えばディプロマが取れます。

※協会にもよりますが、数万円〜数十万円を支払って、所定の講座を受けたり試験に合格すると、ディプロマが発行されます。

だから、毎月のように様々な協会からパーソナルカラーリストが発出されている訳なのです。

 

 

民間の各協会でパーソナルカラーを学んだりディプロマを取ることは、全然悪いことだとは思いません!

現に私も持っています。

パーソナルカラーは、アメリカで1920年代に始まってからどんどん派生しているので、様々な考え方や、より時代にあうものをインプットすることも大切です。

 

 

でもそれと併用して、やはり最低限色彩検定1級を持っていないと、診断するお客様に失礼だと感じます。

・家庭教師に学力や学歴があること

・友達と外食に行く時に財布を持って行くこと

・人を家に呼ぶ時にドリンクでもてなすこと

個人的には、これらと変わりないくらい当たり前なことに感じるのですが…

 

 

しかしながらこれは、個人の考え方に大きな違いがあります。

ましてや診断する側は、都合よく(資格取得を省いて)、早く商売にしたい人も存在するでしょう。

 

 

 

本物のパーソナルカラーリストの選び方

だから私は、診断を受ける予定の人に強くお伝えしたいです!

 

 

是非、お願いする予定のパーソナルカラーリストのプロフィールをしっかり確認してから、お申し込みを決めて下さい!!

・どんな資格を持っているか

・実務歴はどのくらいか

・日々学び続けている人なのか

 

その人の見た目やセンスが好きで、

「この人に新しい自分を探して貰いたい」

と思う場合はまた話が別ですが、

色彩学に基づいて、理論的にパーソナルカラー診断を受けたい場合は、その人にどの程度の色彩学があるのか、しっかり確認することをお勧めします!

※パーソナルカラー診断は、都内なら数万円することも多いので誤診は絶対避けたいですよね。

 

 

 

パーソナルカラーリストさんへ

また、色彩検定1級をお持ちの方で、ご自身のプロフィールに所持資格を公開していない人は、今すぐにでも追記することをお勧めします!

これは「能ある鷹は・・・」と言う問題ではありません。

プロフィールは、会社(個人)の顔、履歴書と同じ扱いです!

保持資格を表示しないことは、新商品の営業に行く際に現物無しで商品のメリットを語るようなものです。

 

 

私は偽善でもなんでもなく、心から尊敬できたり、切磋琢磨できるようなパーソナルカラーリストが、日本中に沢山増えるといいなぁと思っています。

尊敬できるライバルが多いと、自分自身のやる気に繋がります!

 

 

日々色彩を学び続けたいと思います。

等色相面を理解すると、パーソナルカラーでいう似合う明度や彩度が明確になると思っています。

 

スポンサー
スポンサー
サイト管理人
Yuka

1級カラーコーディネーター。
色彩と成分に着目して コスメを紹介しています。

パーソナルカラー
スポンサー
スポンサー
\シェアする/
カラーと成分でコスメティック