カラーリストからのアドバイス≦自分の直感?!

パーソナルカラー診断は意味がない?

度々伝えていますが、

私は、パーソナルカラーを診断する人ですが、

特定のカラーに縛られて、色の選択肢が減るくらいなら、パーソナルカラー診断はしない方が良い!と、常々思っています。

 

パーソナルカラーは、自分を輝かせる色を知りたい人が受ければ良いものだと思います。

自分の好きな色だけでまとめたい人は、そのスタンスで行く方が無難です。

 

例えば、極端な例を挙げると、

・パステルカラー

・スウィート

・ふわふわ

・ラブリー

・ガーリー

・リボン

・フリル

が大好きな人♡

 

 

パーソナルカラー診断で、

「あなたはオータムです。」

「特に似合う色はマスタードカーキダークブラウンです。」

と診断された日には、かなり落ち込むことが目に見えています。

その逆もまた然り。

 

 

そもそも、パーソナルカラーとは、

その人が持っている肌・髪・目の色素から導き出された、その人を美しく見せる色です。

ここで言う『美しさ』とは、肌や顔色が綺麗に見えることを言います。

結果的に、

肌や顔色が良く見えると、見た目の印象が良くなったり、若返り効果があるのです。

 

だから、

パーソナルカラーを知ることは、決して無駄ではありませんが、

パーソナルカラーを知った上で、あえて似合う色を無視することは有りだと思います。

スポンサー

 

 

 

色の心理的効果

色には、心理的効果もあります。

カラーセラピーなどが有名です。

例えば、

赤を見ると、やる気が出たり、

緑を見ると、癒し効果があったり、

黒いものは、高級に見えたり…

 

ある研究結果では、浴室を、全面オレンジにした場合と、ロイヤルブルーにした場合では、体感温度が変わると言われています。(これ、想像しただけでも、なんとなくわかりませんか?)

 

とにかく、色には心理的効果も働くので、

自分が苦手な色を、嫌な思いをしてまで身に付けたり、好きな色を我慢しない方が良いということです。

 

 

 

好みや直感を優先するべき場合

例えば、前項で例に挙げた、

オータムと診断されたのに、パステルピンクが大好き♡

というタイプの人。

 

もしかしたらその人は、ピンクを身に付けることで、女性ホルモンが安定し、体調が良くなったり、優しい気持ちになれる人なのかもしれません。

人からよく見える色の効果よりも、色が持つ心理的効果が優位に働くタイプかもしれません。

自分のイメージカラーを大切にしている人に多いです。

 

この場合は、パーソナルカラーよりも、好きな色を選ぶべき!

 

これは、

「パーソナルカラーは無視しろ!」

ということではなく、

ご自身の直感で、とてつもなく好きな色(選びたい色)があるならば、その色は取り入れた方が良いということです。

 

カラー診断の結果≦自分の直感

これ、間違っていません!

 

無理に苦手な色を身につけて、1日テンションダウンするなら、

好きな色を身につけて、笑顔で過ごせた方が良いと思いませんか?

 

 

 

まとめ

最近は、骨格診断顔タイプ診断など、自分ブランディングに役立つ診断が沢山あります。

でも、自分を探せば探すほど、迷子になりやすいです。

例えば、

パーソナルカラー:スプリング

骨格:ナチュラル

顔タイプ:エレガント

という結果が出たら、

「キュート系?ナチュラル系?エレガント系?私は一体どうしたら良いの?(汗)」

ってなったり…

 

この場合は、状況を見て優先順位をつけて行くのがベスト!

顔や肌を綺麗に見せたいなら、パーソナルカラー重視

スタイルを良く見せたいなら、骨格重視

イメージやキャラ重視なら、顔タイプ重視

みたいに。

 

 

 

そして、これが大切!

本当に自分迷子になったら、原点回帰で好きな色を身につけて、

自分が何を一番求めているのか確認するのもポイントです!

 

カラー迷子さんの参考になれば幸いです♡

 

タイトルとURLをコピーしました