デパコス級【無印良品】UVベースコントロールカラー:成分解析・カラー分析

コントロールカラーの役割

化粧下地の役割や目的は、

  • ファンデーションのノリを良くする
  • 化粧崩れを防ぐ
  • 乾燥を防ぐ
  • 肌のアラを隠す
  • UVカット

 

これらに加え、コントロールカラーと呼ばれる着色剤などが配合された化粧下地は、肌の悩みを色によって目立たなくさせる効果が期待できます。

しかし、色を適当に選んでしまうと、逆に肌の悩みを目立たせてしまうアイテムでもあるので、使用には注意が必要。色選びが重要!

 

 

 

 

補色

色彩学的な詳しい説明は省略しますが、色には補色(反対色)が存在します。

補色を味方につけて肌をキレイに見せる方法があります。

例えば、

  • 赤ら顔が気になる人は緑系の下地
  • 青クマが気になる人は橙系のコンシーラー

など。

コントロールカラーを選ぶ際に補色を意識すると、お悩みカバーが可能です。

 

 

 

 

【無印良品】UVベースコントロールカラー

全5色

950円

黄くすみや茶グマをカバーして透明感のある肌色に仕上げます。紫外線から肌を守る化粧下地です。

無印良品コスメの成分をよく見ると、デパコス顔負けの“良品”があることに驚きます!

コントロールカラーも優秀でした!

肌トラブルをナチュラルにカバーでき、なおかつ成分的にも安心でお勧めできる一品です。

 

 

 

カラー別に紹介します。

ピンク

ピンクは、顔色が悪い人や、血色が悪い人に最適なコントロールカラーです。

血の気のない白っぽい顔に、ピンクを加えると血色が良く見えます。

 

 

 

 

イエロー

年齢とともにあらわれるくすみ・シミ・そばかす

これらをコンシーラーでカバーしようとすると、つい厚塗りになってしまい見た目年齢が上がります。

年齢肌にお悩みの方は、茶色っぽさが気になる部分にイエローのコントロールカラーを使ってみましょう。

 

 

 

 

ブルー

ブルーの下地は、年齢とともにあらわれる黄ぐすみや茶クマを飛ばすのに最適です。

黄色の補色(反対色)は青なので、気になる部分のみに使用すると悩みが反射しやすくなります。

 

 

 

 

パール

光を味方につけて肌のアラを反射させてくれるカラーです。

元気がない肌やツヤがない肌の人にお勧めです。

 

 

 

 

 

パープル

紫は赤と青の要素を含んでいます。

パープルのコントロールカラーは、透き通るような透明感を出しつつ血色は残します。

ブルーのコントロールカラーで少々顔色が悪く見えるタイプの人はパープルがお勧めです。

 

 

 

 

成分

成分:シクロペンタシロキサン、水、酸化亜鉛、ジメチコン、BG、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、リンゴ酸ジイソステアリル、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、カミツレ花エキス、ホホバ種子油、シア脂、アンズ核油、ヒアルロン酸Na、グリセリン、イソステアリン酸、ハイドロゲンジメチコン、トコフェロール、EDTA-3Na、フェノキシエタノール、(+/-)酸化チタン、水酸化Al、ステアリン酸、硫酸Ba、酸化鉄、グンジョウ、赤226

SPF50+/PA+++

無香料・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー・紫外線吸収剤フリー

紫外線散乱剤のみなのに、UVカット効果が高く優秀です。

保湿剤なども配合され全体的に肌に優しい成分となっています。

染料も油性染料なので、肌があまり強くない人でも使えそうです!

 

 

 

まとめ

こんなに優秀な製品が1,000円を切っているなんて、無印コスメ侮れぬ!

安くても成分が良くて素晴らしいコスメは、世の中に沢山あります。

【無印良品】UVベースコントロールカラーもその1つです。

 

スポンサー
error:このコンテンツのコピーは禁止されています。