現役カラーリスト必見!【カラードレープ】を劣化させない方法!

カラードレープの管理

本日は珍しく、カラーリスト・カラーコーディネーターさんへ向けた投稿です。

でも、カラーリスト以外でも、衣類(布類)の管理で参考になるかと思います♡

スポンサー

 

パーソナルカラー診断をするカラーリストさんなら、必ず持っているであろうカラードレープ

120色以上お使いのカラーリストさんが多いと思われます。

 

カラードレープって・・・・

 

結構高額ですよね(汗)!

ピンキリですが、質が良いものなら10万円は余裕で超えます。

でも、消耗品の部類なのかな?と思います。

 

汚れたりシワが出やすいものなので、あまりに劣化してしまったら、お客様のお顔に当てるのは失礼ですから…。

 

 

そこで、今お持ちのカラードレープを、できるだけ劣化させない方法をまとめました!

 

 

 

布ケープを使う

既に使っている人が多いと思いますが、専用の布ケープを使うことです。


お客様がお召しの洋服の素材は様々です。

モヘアニットや、スパンコールがついていることだってあります。

布ケープ1つで、お客様の洋服とカラードレープ、両方の摩擦・傷みを防ぐことができます。

 

また、ケープは白いものが多いので、お客様がお召しの洋服とドレープの色反射を防いだり、ドレープの滑り止めにもなるので、ケープは絶対に必要なアイテムだと思います。


また、パーソナルカラー診断は基本的にすっぴんで行いますが、

お客様の皮脂や、日焼け止めなどがドレープに付くと、積み重ねで汚れや変色が起こります。

ケープなら、気軽に毎回洗濯できます♪

お客様の肌に直接ドレープを当てない良いにする為にも、ケープは首元まで装着して頂き、

ドレープがお客様のお肌に接触しないように、カラーリスト自身はドレーピングのスキルアップをしましょう!

 

 

 

紫外線対策

自分だけでなく、ドレープも紫外線から守りましょう!

パーソナルカラー診断は、基本的に自然光で行うものです。

(窓なし部屋・悪天候・夜の場合は、自然光に近い昼光色などの蛍光灯)

 

日中、陽がサンサンと差す室内に、カラードレープを長時間放置しないように心がけましょう。

手に取りやすいように並べたり、キャリーハンガーに掛けている場合も多いと思うので、

寝具用のフラットシーツを1枚用意して、診断時以外は、ドレープに紫外線が当たらないように気を付けましょう!

埃からもドレープを守れます。

 

 

 

ニオイ対策

布は匂いを吸収しやすいので、ドレープを並べた横で、匂いの強い食べ物を置いたり、飲食しないように気をつけましょう。

飲食店の個室などで診断がある場合は、

大きなビニール袋や、密閉可能なビニール/ナイロンバッグなどを用意し、診断時以外は匂いを遮断しましょう!

※私は、ビニール袋に入れた上でナイロンバッグに入れて持ち運びしています。

 

 

居酒屋帰りに、コートに油っぽい匂いがついてしまうのと同じで、ドレープにも匂いが移ります。

ドレープとの距離が1番近くなるのはお客様なので、ここは本当に気を遣って下さい!

 

 

 

クリーニング

汚れを落としたりシワを伸ばす為に、洗濯やアイロンをしてドレープの色が落ちたら大変です。

 

どうしても汚れが目立つ場合は、信頼できるクリーニング屋さんに、ドレープのクリーニングをお願いする方法があります。

ドレープには色名シールが付いている場合が多いですが、その点をどうするのか(剥げてもいいのか、守るのか)を明確にして依頼しましょう!

クリーニングもお高めなので、普段から汚さないようにするのが最善ですね。

 

 

 

 

総買い替え

汚れ・変色が激しい場合、

または落ちないシミを作ってしまった場合は、最悪買い替えをお勧めします。

シミ抜きが入るとクリーニング代金が割り増しになるのと、

そもそもドレープは商売道具なので、ケチってボロボロの状態で使うものではないということです。

お客様にも失礼にあたります。

 

 

 

まとめ

高い衣類ほど、管理は慎重になると思います。

カラードレープも高額なものですし、何よりお客様の為に使う大切な商売道具です。

プロカラーリストなら、カラードレープの管理も仕事の1つと思い、慎重に行いましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました