Gold or Silver アクセサリー選びにもパーソナルカラー

アクセサリー選びの基準

アクセサリー選びをする際、基準となるのが、

・デザイン

・素材

・大きさ

がメインだと思います。

「パーソナルカラーは関係なく、気に入ったデザインを選ぶ!」

「パートナーが欲しがっていたものをプレゼントする!」

もちろん、それはそれで良し!

 

今回は、パーソナルカラーを参考に、アクセサリーを選びたい場合について、

カラーリストとして、ちょっとしたアドバイスをさせて下さい。

スポンサー

 

素材

素材は、大きく分けると、

・ゴールド

・シルバー(プラチナ)

に分類されますが、

パーソナルカラー的に、金か銀、調和しやすいタイプがあります。

 

一般的に、

イエローベースはゴールド

ブルーベースはシルバー

に調和しやすいです。

 

艶に関して言うと、

艶ありはスプリング・ウィンター

艶控えめはサマー・オータム

が得意といわれています。

 

ただし、参考とするのは、色や艶などの、素材だけではありません。

 

サイズ

アクセサリーの大きさも、実は関係しています。

華奢なものはスプリング・サマー

重厚なものはオータム・ウィンター

に調和しやすいです。

 

嘘のようですが、パーソナルカラー界では常識的な話なのです、これ!

 

ライン

さらにこだわると、

直線はサマー・オータム

曲線はスプリング・ウィンター

が得意な場合が多いといわれています。

 

************

はい!

適度に混乱してきましたよね(笑)⁉︎

 

これらをまとめます!

※写真はほんの一例です。

スプリング

艶ありゴールドの華奢で曲線的なアクセサリー

 

サマー

上質プラチナ(シルバー)の華奢で直線的なアクセサリー

 

オータム

マットゴールドの重厚で直線的なアクセサリー


ウィンター

輝きシルバーの重厚で曲線的なアクセサリー

この傾向で選ぶと、失敗が少ないと言われています。

 

まとめ

その時々、またはファッションのタイプによって、選びたいアクセサリーは変わるでしょう。

私も、ドタイプのアクセサリーや洋服が見つかると、パーソナルカラーを無視してでも購入します。

 

でも、なかなか選びきれなくて、最後の最後に2つの中から、

「色で悩む!」

「微妙なサイズ感で悩む!」

こんな時に思い出してほしいのが、自分のパーソナルカラーです。

 

ゴールドと言っても、ピンクゴールド・イエローゴールドがあったり、

色付きの宝石が装飾されている場合もあるのですが、

金属部分のベース選びをする際、

上記の点を参考にしてみると、

「買ったアクセサリーが、全然似合わない!」

の失敗が減ります。

 

結婚指輪や、高価なアクセサリー、時計などを選ぶ際は、是非参考にして下さい♡

その為には、『自分のパーソナルカラーを知ることが初めの一歩』です!

 

タイトルとURLをコピーしました