使い方注意【ワセリン】の種類と選び方

ワセリンとは…

ワセリン(欧文表記:Vaseline)は石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの。大部分は、分岐鎖を有するパラフィン(イソパラフィン)および脂環式炭化水素(シクロパラフィン、ナフテン)を含む。ワセリンという場合、一般的には白色ワセリンを指す事が多い。

ワセリンは皮膚表面にパラフィンの膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果に加え、外的刺激から皮膚を保護するという働きがあることから、鎮痛・消炎・鎮痒の軟膏剤のような医薬品の基剤や、化粧クリームのような化粧品などの基剤として用いられる。また潤滑剤や皮膚の保湿保護剤としても用いられる。

出展Wikipedia

スポンサー

 

 

ワセリンの種類

ワセリンにも様々な種類があります。

基本的に、純度が高いほど価格が高くなります。

黄色ワセリン(黄ペト)

純度が低い薄黄色のワセリン

ワセリンの中では精錬度が低い、薄黄色のワセリンです。

 

ドラッグストア・ネット・スーパーなど、どこでも販売されています。

黄色ワセリンはワセリンの中では比較的不純物が多いですが、極端に肌の弱い人以外は、問題なく使用できるでしょう。

目の周りへの使用は避けるのが好ましいです。

世界的に有名なユニリーバ商標の『Vaseline』は、酸化防止剤が配合されている為、長期保存が可能です。

ベタつきがあります。

 

 

 

白色ワセリン

黄色ワセリンに含まれる、不純物を取り除いたもの

日本薬局方の基準に合格した第三類医薬品のワセリンが白色ワセリンです。

白色ワセリンは、原料の石油から精製されたワセリンから不純物を取り除いていますが、ベンゼン等の不純物がわずかに含まれています。

ドラッグストア・ネットなどで簡単に購入できます。

酸化防止剤が入っていないので、早めに使い切りましょう。

 

 

 

プロペト 

白色ワセリンに含まれる微量の不純物を取り除いたもの

白色ワセリンが更に精製されたものがプロペトです。

プロペトは非常に純度が高く、眼球に使う軟膏の基材として使われているほどです。

プロペトは病院で処方されることも多く、肌への負担が非常に少ないワセリンです。

赤ちゃんの肌の保護・保湿剤としても、よく処方されます。

取扱店が少ないことや、白色ワセリンよりお値段が高くなるので、常用する場合は皮膚科で処方してもらう人も多いです。

 

 

 

サンホワイト

プロペトをさらに精製したもの


プロペトよりもさらに純度が高いサンホワイトは、不純物がほとんど残っていない高品質のワセリンです。

デリケートな場所でも塗ることができます。

伸びがよく、塗った後のベタつきが少ない使用感の良いワセリンです。

あまり売っていないので、ネットでの購入がオススメです。

子供の保湿剤や、敏感肌の方にはサンホワイトがオススメです。

 

 

 

ワセリンは肌に良いの?悪いの?

ワセリンに関して様々な意見がありますが、病院で処方されている事や、国の審査基準を満たしている事から、安全性は高いと言えるでしょう。

しかし、原料が石油、炭化水素系である事から、肌の上にコーティングするように塗り続ければ、正常に皮脂分泌ができなくなるという事も考えられます。

 

医師からの指示がない場合、自己判断でワセリンの直塗りを続けるのは避けましょう。

ワセリンでインナードライ肌の改善はできません!

ワセリンやオイルを塗って乾燥を防ぐのではなく、肌のバリア機能を高め、外的刺激に強い肌を作る事が大切です。

 

安全性の高いワセリンですが、自己判断で乱用しないように気を付けましょう。

正しい使い方をすれば、万能アイテムです!

スポンサー
サイト管理人
Yuka

絶対色感カラーリスト。
色彩と成分に着目して、コスメを紹介しています。

Yukaをフォローする
スキン・ボディ
カラーと成分でコスメティック
タイトルとURLをコピーしました